Google Chrome グーグルクロム Webアプリを使うためのWebブラウザ

Google Chrome グーグルクロム とは?

Google Chrome グーグルクロムとは、Google社が提供するオープンソースのWebブラウザで、2008年9月2日にベータ版の提供が始まりました。

Google Chrome グーグルクロム

WebアプリのプラットフォームとなるWebブラウザで、Webアプリをデスクトップアプリのように使うためのアプリケーション ショートカットを作ることができます。

また、グーグルクロムのスタートページとなる「新しいタブ」に、よくアクセスするページや最近追加したブックマークが表示されたり、履歴を残さないためのシークレットモードなど、特徴的な機能がたくさん用意されています。

Google Chrome グーグルクロムのダウンロードページはこちら

Google Chrome グーグルクロム 無駄を省いたシンプルなナビゲーション

はじめてグーグルクロムを起動すると、ちょっと違和感を感じるかもしれません。

WindowsでもLinuxでも、ウィンドウアプリケーションには必ず付いている「メニューバー」がないんです!

Google Chrome ナビゲーション

グーグルクロムのナビゲーションは、これ以上ないくらいシンプルで、直感的に操作できるようになっています!

サジェスト機能もある上部アドレスバー

上部アドレスバーには、URLだけでなくキーワードを直接入力して、検索することができます。キーワードを入力し始めると、よくアクセスするページや閲覧履歴などから検索の候補が表示されるので、すばやく目的のサイトにアクセスすることができます。

ブックマークの整理が簡単なブックマークバー

ブックマークを整理するためのフォルダを作るには、ブックマークバーを右クリックして、フォルダの追加を選び、フォルダ名を入力します。

閲覧しているページをブックマークしたいときは、アドレスバーの左側にある星印をクリックして、ブックマークを入れるフォルダを選択するだけです。

Google Chrome ブックマークバー

星印を直接ブックマークバーやフォルダにドラッグしてもブックマークできます。また、ブックマークバーにあるブックマークやフォルダ、さらにフォルダの中にあるブックマークも、ドラッグするだけで簡単に並べ替えができます。

ホームページボタンがない!?スタートページは「新しいタブ」

グーグルクロムのナビゲーションには、デフォルトで「ホームページ」ボタンがありません!

グーグルクロムを起動したときに表示されるのは「新しいタブ」というページです。ここには、「よくアクセスするページ」や「最近追加したブックマーク」などが表示され、これがグーグルクロムのスタートページになります。

ホームページボタンを表示したり、お気に入りのページをホームページにするには、アドレスバーの右側にある「Google Chromeの設定」アイコンをクリックして「オプション」を選びます。

Google Chrome ホームページの設定

基本設定タブのホームページに特定のURLを指定して、「ツールバーにホームボタンを表示」をチェックします。

検索で見つかった数も表示される検索バー

ページ内の文字列を検索するには、「CTRL + F」キーで検索バーを表示します。

Google Chrome 検索バー

文字列を検索すると、検索バーに入力した文字がハイライトされます。見つかった数が表示されるのは便利ですね。

Google Chrome グーグルクロム - ショートカットから直接Webアプリを起動できる

グーグルクロムでは、デスクトップにアプリケーションショートカットを作成して、直接Webアプリを起動することができます。

Webアプリへのアプリケーションショートカットを作成するには、まず、ショートカットを作成したいWebアプリをグーグルクロムで表示します。

アドレスバーの右側にある「ページメニュー」アイコンをクリックして、「アプリケーションショートカットの作成」を選びます。

Google Chrome アプリケーションショートカット

ショートカットを作成する場所を選んで、OKをクリックすると、デスクトップにアプリケーションショートカットが作成され、メニューバーもナビゲーションもない別ウィンドウでWebアプリが起動します。

Google Chrome Webアプリ

次回からは、このショートカットからWebアプリを直接起動することができます。ウィンドウサイズも保持されるので、使いやすいサイズに変えておきましょう!

Google Chrome グーグルクロム - 履歴を残したくないときはシークレットモードで

グーグルクロムでは、Webページの閲覧履歴が一目でわかるようになっています。履歴を表示するには、「Google Chromeの設定」アイコンをクリックして「履歴」を選びます。

Google Chrome 履歴

星印が付いているのは、ブックマークしてあるページです。どのWebページをいつ見たかということが、一目でわかります。

プライベートでは便利な履歴ですが、「履歴が残るとまずい」という場合もありますよね!?そんなときは、シークレットモードです。

シークレットモードを開くには、「ページメニュー」アイコンから「シークレットウィンドウを開く」を選択するか、Webページ上のリンクを右クリックして「シークレットウィンドウで開く」を選択します。

Google Chrome シークレットモード

シークレットウィンドウでは、閲覧履歴やCookieが残りません。

注意が必要なのは、あくまでもローカルPC上に履歴が残らないだけであって、サーバー上のログなどには、しっかりと記録されるということです。

シークレットウィンドウの注意書きにもあるように、プロバイダや会社のサーバー管理者は、どのページにアクセスしたかわかりますので、見つかるとまずいページは、やっぱり自宅のPCでみましょうね!

Google Chrome グーグルクロム - 1つのタブを強制終了しても他のタブは大丈夫!

グーグルクロムでは、それぞれのタブが別のタスクとして動作しています。そのため、1つのタブを強制終了しても、他のタブに影響を与えません。

Webアプリを利用していて「あっ、かたまった!!」というときには、タスクマネージャを起動して、そのタブだけ強制終了させましょう!

タスクマネージャーを起動するには、「ページメニュー」-「開発管理」-「タスクマネージャ」を選択します。

Google Chrome タスクマネージャ

それぞれのタブが、別メモリで管理されているのがわかると思います。タブを選択して「プロセスを終了」ボタンをクリックすれば、そのタブだけ閉じることができます。

Google Chrome グーグルクロム - ブックマークバーにRSSリーダー機能がない

グーグルクロムのブックマークバーは、直接RSSを登録してRSSリーダーとして利用することができません。また、RSSのオートディスカバリー機能もありません。

シンプルなのはいいことですが、RSSリーダー機能はほしかったです。Firefoxユーザーには、不便ですね。

Google Chrome グーグルクロム - インポートすると、ブックマークバーではなく、「その他のブックマーク」に全部入る

グーグルクロムでは、IEやFirefoxのブックマークや設定をインポートすることができます。

インポートするには、「Google Chromeの設定」アイコンをクリックして「ブックマークと設定のインポート」を選びます。

他のWebブラウザの設定を引き継げるのは良いのですが、ブックマークをインポートすると「その他のブックマーク」に全部まとめて入ってしまいます。そのため、ブックマークバーのほかのフォルダなどに移動するのが面倒です。

インポートしたブックマークは、ブックマークバーに反映されてほしかったですね。

オフィスアプリケーションの関連記事一覧 - Webアプリのいいところ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://webiitoko.blog42.fc2.com/tb.php/41-8d32e080

1件のトラックバック

[T3] Google、Google Chromeの利用規約を一部修正

 米Googleは9月4日、一部ユーザーからの指摘を受けて、Google Chromeの利用規約を修正したことを明らかにした。【「Google Chrome」 最新記事一覧】  指摘があったのはコンテンツのライセンスに関する利用規約「Section 11」。同規約から、ユーザーが生成したすべてのコ...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2014 Webアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Webアプリ 新着エントリー

ブログ Webアプリのいいところについて

シンプルで直感的に使える海外のWebアプリやChrome拡張の使い方を、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed